監視カメラを設置して防犯性を高める【トラブルを未然に防ぐ方法】

色々な種類がある

監視カメラには色々な種類が存在するため、どれを選んでも良いというわけではありません。目的や設置場所に応じて、適した監視カメラを設置するようにしましょう。

目的で選ぶ監視カメラ

遠隔監視が可能

自宅や店舗を留守にしている場合、監視カメラがあるから大丈夫と安心する人もいますが監視カメラを設置していたとしても安心することができない人もいます。また、出張など色々な事情で長期間留守にする場合は戻るまで何が起きたかなど確認することができません。しかし、遠隔監視が可能なものであれば外出先でスマートフォンやパソコンから様子を確認することができるので、長時間や長期間留守にする際も安心して外出をすることができます。

顔が特定できるもの

店舗を経営している人は、基本的に顔がわかる監視カメラを設置したいと思うでしょう。店舗では万引き被害などが多くあるため、万引き犯を特定するためには顔がはっきりとわかるものでないと特定は難しくなってしまいます。そのため、万引きを防ぎたいなどの場合はフルハイビジョン対応の監視カメラを設置すると良いでしょう。

夜間でも安心

昼間の明るい時間と比べると深夜の不審者や犯罪者が多いもので、寝静まった頃に空き巣被害に遭うということもあります。また、店舗などでも深夜にお店に侵入してきてレジのお金や物品を盗むということもあるでしょう。通常の監視カメラを使用すると暗闇に対応していないため、黒い影が動いているだけにしか見えません。そうなると犯人の特定が極めて困難になるため暗闇でも使える超高感度カメラの設置をおすすめします。超高感度カメラは昼間のような明るさで録画することが可能なため、はっきりと犯行の現場を確認することができるでしょう。

遠隔操作が可能

遠隔監視カメラは監視をするだけとなっているため、操作をすることはできません。しかし、遠隔操作カメラのPTZカメラであれば自由に操作をすることが可能です。上下左右、遠望や広角にすることができるため様々な目的に応じて利用することができます。例えば車庫など車が出入りするところに設置することで、不審な車があればズームで車のナンバーをチェックすることができます。

食品の安全性を高める

基本的に食に関する業務を行なっているところになりますが、監視カメラを設置することによって異物混入を防ぐことができます。少し前に故意で異物混入を行なっていることがニュースでも話題になり、食の安全性について多くの企業が考えさせられる事態になりました。万一、自社で異物混入があった際にその人が罰せられることはもちろんですが、企業の評価も大幅に下がってしまいます。消費者も基本的に安全でないところで食品は購入しないため、そういったことを防ぐためにも監視カメラの設置をする企業が増えていると言えるでしょう。

監視カメラを設置して防犯性を高める【トラブルを未然に防ぐ方法】

防犯カメラ

設置場所も考える

監視カメラの設置はどこでも良いというわけではありません。死角ができてしまうと未然に防ぐことはできなくなってしまうため、監視カメラの意味をなさないと言えるでしょう。そのため、監視カメラを設置する場所についてもしっかりと決めておくことが大切です。

タイプ別でも選択が可能

監視カメラと言えばスーパーなどに設置されているボックス型をイメージしますが、中にはドーム型や一見すると火災探知機のように見えるアイカメラなどもあります。また、屋外で使用する場合は雨に濡れる可能性が高いので防水性の監視カメラを選択するようにしましょう。

相談をする

どの監視カメラを設置したら良いのかわからない場合、防犯設備士が在籍している監視カメラに詳しい会社に相談すると良いでしょう。防犯設備士の方がプロの目線でどの位置にどういったカメラを設置した方が良いのか提案してくれるため、防犯性を高めることが可能です。

監視カメラを設置して良かったという人の口コミ

高齢の両親が心配だったので購入

私は結婚したため両親と離れて暮らしているのですが、子どもが私一人だったので近くで面倒を見てくれる人がおらず、高齢者2人で住んでいる状態です。定期的に電話して確認はしていましたが、やはり心配だったので許可をもらって監視カメラを購入して実家に取り付けました。遠隔監視ができるタイプなので心配になった時は確認し、安心しています。

みんなが安心してくれる

保育園で働いているのですが、近くで不審人物の情報が回ってきたので今後のことも考えて監視カメラを園外と園内に設置することにしました。特に事件があったっていうわけではないのですが、親御さんから安心という声が挙がってきているので設置して良かったと思います!

操作が簡単で助かりました

マイホームを購入したのですが近くに公園があり、公園には落書きが多かったので新居も落書き被害に遭わないか心配で夫と相談して監視カメラを玄関のところに設置することにしました。機械が苦手な私では使えるのか不安でしたが、操作が簡単だったので難なく使いこなせています。

近所の空き巣被害

私が住む住宅周辺で空き巣被害が発生しており、いつか自宅も狙われるんじゃないかと思って監視カメラを取り付けました。今のところ不審な人物が写っている様子はありませんし、他で空き巣被害が出ているわけでもないので安心して暮らせています。万一の時に備えておくことは大切なので、これからも監視カメラを使い続けていきます。

駐車場に設置

駐車場経営をしているため、安心して利用してもらうために駐車場に監視カメラを設置しました。監視カメラがあるだけで安心して利用してもらうことができるため、設置して良かったです。